有料老人ホームは高齢者向けの日常生活を支援する施設

有料老人ホームは、高齢者向けの日常生活を支援する施設です。

特に規制がないため、民間業者が多く参入しています。費用は低額な施設から高額な施設まで様々ですので、予算に合った施設を選ぶことが大切です。入居条件は施設によって様々ですが、60歳以上からという条件が一般的です。
夫婦の場合は、どちらか片方が60歳以上であれば問題ないというケースが一般的です。

有料老人ホームは独立型の個室を備えていて、大浴場などの共用施設も設けているのが一般的です。


サービスは、食事や掃除などの家事サービスや入浴や排泄介助などの介護サービスを提供しています。
有料老人ホームは介護付と住宅型と健康型の3つがありますので、要介護度に合う施設を選びましょう。



介護付は、介護保険の特定施設入居者生活介護の認定を受けた施設で、家事や介護サービスを施設のスタッフが行います。



入居者3人に対して1人の介護スタッフの配置が義務付けられ、24時間常駐していますので緊急時も安心です。

要介護者に対してはサポートが手厚い反面、健常者に対しては手厚くするのが難しいという現状がありますので注意が必要です。


介護に特化した施設ですので、設備や医療機関との連携も充実しています。
住宅型は、要介護度が軽度な方と健常者が居住するための施設です。

介護サービスは、個人で外部事業者と契約を結ぶ必要があります。


自由に外部事業者を選べる施設もあれば、施設内や近隣に委託している施設もありますので申し込む前に契約の自由度を問い合わせておくと良いでしょう。健康型は、健常者向けの施設です。生活を楽しめる設備や、レクリエーションなどのイベントが充実しています。

友人を作りやすいため第二の人生を歩むこともできます。

注意点として、健常者向けの施設ですので介護が必要になると退去する必要があります。