有料老人ホームにおける上乗せ介護料

有料老人ホームに入所する際には、色々な費用が必要になることは、世間的にもよく知られています。中でも、有料老人ホームにおける上乗せ介護料という耳慣れない言葉に対し、疑問を持っている方というのは多いものです。

Yahoo!ニュース情報探しのサポートをいたします。

有料老人ホームの上乗せ介護料というものは、介護を行う職員が増えていくことに合わせて、上乗せされる費用を指します。

通常、一人のスタッフで三人の介護者を担当するように決められているものの、介護者によっては一人では手が足りない場合があります。
一人では足りない場合、さらに職員を増員し対応しますが、このように増員した職員の人件費を毎月の支払いに追加し、請求することを上乗せ介護料と呼ぶのです。
有料老人ホームにおいて、こうした料金というのは、施設もしくは行う介護の内容により違いがあります。

時折、施設によっては常時介護スタッフ存在しているのではなく、派遣スタッフに依頼している場合もあります。

派遣スタッフに依頼している場合には、料金が追加されることはありません。

しかし、派遣スタッフに依頼する機会が多い有料老人ホームの場合は、月額費が高めに定められていたり、介護用品代が高額に設定されているなどして補充されています。



ホームで料金が上乗せされる場面や、具体的な金額は前もって質問しておくと良いでしょう。


知らずに、後から支払いができないような金額を請求されてしまうと、家計を圧迫してしまいます。

追加料金が発生するという事を、念頭に置いておきましょう。